FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-19(Thu)

宮部みゆきワールド

 ここ2年ほど、宮部みゆきさんにハマッています。東京のイトコにすすめられ、カード破産の悲劇を描いた「火車」を読んだんだけど、この人天才!!心にとめておきたいセリフが、いくつも出てきます。


 「火車」を「傘」と聞き間違えるぐらいの私でしたが、それ以来いろいろと買いあさり、今では20冊近くになりました。一番はじめに読んだのが「火車」だったので、「模倣犯」をまだ読んでいない私には、それを超えるものはありませんが、おすすめをいくつか紹介したいと思います。


 宮部作品を読んだことのない人は、まず、「パーフェクト・ブルー」から。宮部さんが初めて描かれた長編小説です。元警察犬の「マサ」が語り手になっていて、高校野球の裏側なども描かれています。(あと、「マサ」が活躍するものには、「心とろかすような」があります。)


 変わったところでは、事件関係者10人が持っている「財布」が、それぞれの物語の語り手になっているという「長い長い殺人」。


 あとは「鳩笛草」。3編ありますが、特にそのなかの、「朽ちてゆくまで」が私は好きです。中編なので一気に読めると思います。


 時代小説なので、言葉遣いなどでとまどいますが、「幻色江戸ごよみ」もホラーぽくて、おもしろかったです。読みづらい場合や、時間がない場合は、12話ありますが、4話、5話、7話、8話、10話、12話だけでも読んでみて下さいね。


 是非、秋の夜長に「宮部ワールド」を堪能してみて下さい。読んでよかったと思っていただければ幸いです。

スポンサーサイト

theme : 宮部みゆき
genre : 小説・文学

「ぼんやり日記」
yuu1
最近の記事
過去ログ
最近のコメント
プロフィール

bonyari

Author:bonyari

カテゴリー
リンク
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。